精神保健福祉士を確実に目指せる方法

うつ病や自律神経失調症など精神の病は、私たちにも身近な病気と言われています。

これらの病気は主にストレスが原因となって発症し、生活に多大な影響を与えるのです。

職場はもちろんのこと、プライベートにおいてもストレスを感じる機会は少なくありません。

そういったストレスが徐々に蓄積し、うつ病などを患ってしまいます。

そんな精神病の治療を手助けし、生活面をサポートする職業が精神保健福祉士です。

精神保健福祉士は多方面から精神病で悩む人を支援します。

現代社会で一番求められている職業といっても過言ではないと思います。

ストレス社会だからこそ、様々な方面で活躍できる可能性を秘めているのです。

このような精神保健福祉士はやりがいもあります。

しかし、プロを志すなら専門学校へ通い、基礎から学ぶことが大切になるでしょう。

精神保健福祉士専門学校|首都医校(東京)|精神保健福祉学科<国家資格合格保証制度適用コース>は、そんなプロを目指す方におすすめの専門学校です。

カリキュラムが充実しており、講義を通じて知識と経験を身につけることができます。

精神保健福祉士は、これからもますますニーズが高まる職業と考えられています。

精神病で悩んでいる人も年々増えつつあり、サポートを待っている人も少なくありません。

専門学校で学び、目指してみてはいかがでしょうか。

5月 11th, 2015 by admin | No Comments »

試験の難易度も低い調剤薬局事務の資格

現在特に人手不足の業界が医療・福祉関連です。

少子高齢化を迎えつつある昨今、そのニーズは年々高まりつつあります。

逆にこの業界は大変やりがいがあり、人手不足から活躍できる場が多いことを意味します。

このため、医療や福祉業界で働くことは自分の将来にとってもプラスになるでしょう。

女性の働き方としてもおすすめの業界です。

様々な職種がありますが、中でもおすすめの職種は調剤薬局事務になります。

調剤薬局に勤務先となり、主な仕事内容は事務や調剤レセプトの作成などです。

調剤薬局事務も需要の高い職業ですが、働くためには資格が必要になります。

逆に、資格を取得すれば調剤薬局事務の仕事をできます。

女性でも通信講座を利用すれば資格取得は難しくありません。

調剤薬局事務の試験と言えばこちらのHPを参照してもらえると詳しい内容が分かります。

リンク先は通信講座で有名なキャリアカレッジジャパンです。

調剤薬局事務の試験の対策に、そして資格取得に役立ててみましょう。

無料資料請求ができますので、興味が出た方も見てみてはどうでしょうか?

調剤薬局事務は医療事務よりも難易度が低めです。

しっかり勉強すれば試験も難しくありません。

収入も良く人気の資格ですので、取得を目指してみてはいかがですか?

4月 21st, 2015 by admin | No Comments »

医師の求人情報を把握したいお医者様は必見!


医師の求人なら「ドクターキャスト」、こちらをご覧下さい。
この会社は、医者の求人情報を提供して、お医者様が希望する病院への転職を応援する企業です。

例えば、医師として勤務をしてきたけれども、違う病院で医者としての能力を発揮したいとか、病院を退職しても、今までのキャリアを他の病院でいかしたいなどのおひとり、おとりの先生方の希望をかなえるようにドクターキャストがサポートいたします。

医者の転職活動で、まず考える事は何を優先するかどうかではないでしょうか。医師として新しい研究をしたいか、あるいは給料面を重視したいなどです。

転職を希望する病院が決まりましたら、労働条件等で何か疑問があれば、ドクターキャストが病院へ問い合わせをしますので、先生が納得した上での応募が可能です。

転職先の病院へ面接の日程は、ドクターキャストの担当者が設定させていただきますので、現在の病院の医師としての日常の業務にも支障はありません。

新しい病院に採用が決まりましたら、ドクターキャストは社会保険労務士がいますので、働く事で問題があれば、遠慮なく相談して下さい。

転職先の病院で勤務した後も、ドクターキャストの担当者がフォローさせていただきますので、何かありましたら、遠慮なくご相談下さい。まず、転職を考えの先生はドクターキャストへの登録を考えてみませんか?

7月 31st, 2013 by admin | No Comments »

医師求人は探すのが難しい

医師の求人情報は見つけだすのがとてもたいへんという話があります。医師は世界規模で需要のある職種ですのでそんなことはないと思う人もいるのでしょうか、医師を雇う病院側がさまざまな条件を課している場合も多くみられます。病院の仕事は激務になりやすいので、変な条件の現場に就いて心が疲弊してしまってはとても辛いものです。医者の不養生という言葉もあるのですが、そもそも養生が出来ないという環境で働かされる場合も少なくないようです。

病院と医師が求める求人条件には大きなズレがあるように思えます。多くの人は求人条件の給与の欄ばかりに注目をしてしまうものなのですが、これから長年働く事を考えますと職場環境などの詳細についても詳しく調べる必要がありそうです。求人情報誌などに書かれていることの多い病院の求人ですと、その詳細が詳しく書かれていない場合も多いですので、ネットなどでその病院のサイトなどを確認しまして、どのような職場環境なのかを調べる必要があります。

最近便利といわれていますのが、医師求人登録サイトと呼ばれるものです。条件入力をすることで希望の病院を簡単に見つけられます。良い条件で働ける場所を探すためにも、さまざまな方法で情報を得てみてください。

7月 23rd, 2013 by admin | No Comments »

内科医師に求められる物とは

内科の医師に求められる物は幅広い診療スキルです。体調がすぐれないなと思った患者は自分が一体どのような病気にかかっているのかが分かりません。そんなときに頼る医師は内科医師になり、内科では様々な病状を診断できる能力が必要になるのです。そのため転職や就職での求人で内科を希望している人は少しでも就職を有利にするために各分野の診療ができるスキルが求められます。

これは常勤であろうと非常勤であろうとアルバイトであろうと同じです。働き方のスタイルは違っても内科医師として求められている物は同じです。専門性を追求することも大事ですが、どんな患者が来てもしっかりと診断できるスキルを身に付けて行くようにしましょう。特に就職先が比較的小さな所なら余計に幅広い知識が必要になるという事を覚えておいてください。

内科の医師はコミュニケーション力も大切です。患者とのやり取りの中で緊張をほぐし、リラックスさせる事が必要になりますので求人情報を探しているときにコミュニケーションの力を付けて行く努力をしましょう。患者だけでなく同じ医療現場で働く医師たちとも連携を取れるようになり、本人のスキル向上にも役立つのでコミュニケーション能力が低いと感じている人は特に意識していきましょう。

7月 14th, 2013 by admin | No Comments »